FC2ブログ

お花さんの食べアル記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)」  2012年10月下旬

1948年創業の歴史ある喫茶店である。
店先のオレンジ色の看板には、「珈琲だけの店 ランブル CAFE DE L’AMBRE」と明記されている。
通信販売もされているとのことである。
お店の入口付近には焙煎スペースがあり、焙煎する良い香りが店外まで漂っていた。

☆★ 009
メニューを眺めていると、店員さんが気を利かせてくれて説明して下さる。
「ブレンドコーヒーは万人向けでお薦めです」
「苦いのが好きとか、酸味が好きとかございましたら、裏にあるストレートコーヒーでお好みの豆を仰って下さいね」
私は「タンザニアAA(深煎) シングル」760円を注文する。
同行者は1982年生まれということもあり、10年以上豆を寝かせたオールドコーヒー、1982年の「キブ ダブル」1040円を注文していた。

店員さんの応対は丁寧で、細かく様子を伺っているのが判る。
同行者は「昔ほどの感動は無いなぁ…」と話していたが、私はこれが銀座の名店かと余韻に浸ってお店を後にする。

お会計は4人で4140円。
おおきに、ご馳走様~♡



 カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)
住所東京都中央区銀座8-10-15 永田ビル1F
  東京メトロ銀座線新橋駅より徒歩5分
  東京メトロ銀座線・東京メトロ日比谷線銀座駅より徒歩6分
  新橋駅から408m
電話番号
予約
03-3571-1551
FAX:03-3571-1556
営業時間月~土

日・祝
12:00~22:00(L.O.21:30)

12:00~19:00(L.O.18:30)
定休日無休(年末・年始を除く)
ホームページhttp://www.h6.dion.ne.jp/~lambre/




スポンサーサイト


  1. 2014/08/05(火) 16:59:09|
  2. 新橋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

「いたりあん IZAKAYA 祐」  2014年1月中旬 | ホーム | 「魚屋居酒屋 釜谷」  2014年7月下旬

コメント

東京の喫茶は高くて、気軽に入れない~(笑)
  1. 2014/08/08(金) 12:07:30 |
  2. URL |
  3. ponta #- |
  4. 編集

東京で喫茶店はいったことあったかな???

仕事で毎月いっていた時は1回くらいあるかも??
土地代が高いもんね。高級。
長居するときは落ち着いてていいですよね。
今は用途に応じて使い分けしなくては。
  1. 2014/08/08(金) 14:09:38 |
  2. URL |
  3. akinton #- |
  4. 編集

pontaさんへ

そうなのですよ!
ここは行くぞ!!!と意気込んで行きました(笑)
  1. 2014/08/08(金) 16:36:23 |
  2. URL |
  3. お花さん #- |
  4. 編集

あきんとんさへ

なんと、お仕事で毎月東京に行かれていたこともあるのですね~

土地代が高いからなのですね。
barもそうでした。
「喫茶室ルノアール」が何気に好きです。
  1. 2014/08/08(金) 17:04:37 |
  2. URL |
  3. お花さん #- |
  4. 編集

以前の会社で商品開発部にいたので一人で全国見て回っていたのよ。(その前は研究所だったんだけどはねっかえりで出されたのかな~~笑)

昔なら若くて入ることができなかったお店にも入れる年齢になったよ。
  1. 2014/08/08(金) 22:57:30 |
  2. URL |
  3. あきんとん #- |
  4. 編集

あきんとんさんへ

そうだったのですか~
いやぁ~、いつもその情報収集力と知識に畏怖の念を抱いていたのですが、商品開発のお仕事をされていたのですね。
全国津々浦々、羨ましいです。
  1. 2014/08/09(土) 12:55:13 |
  2. URL |
  3. お花さん #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohanatabearuki.blog.fc2.com/tb.php/57-0f3870f7

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。