お花さんの食べアル記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「桜咲くころ」  2015年5月下旬

DSCF8616.jpg
この日は阪急西宮北口駅前の焼き鳥屋、桜咲くころをすっかりワインバー使いしてしまった。
「ウォッシュ(仏)チーズ」400円と「青カビ(伊)チーズ」400円。
そして「Château Pomeys Moulis en Médoc(2010)(シャトー・ポメイ ムーリ・ザン・メドック(2010))」。
DSCF8617.jpg

DSCF8618.jpg

DSCF8619.jpg
2本目は「Château Vieux Robin Médoc Cru Bourgeois(1997)(シャトー・ヴュー・ロバン メドック クリュ・ブルジョワ(1997))」。
DSCF8620.jpg
クリュ・ブルジョワ(Cru Bourgeois)とは、フランス、ボルドー地方のメドック地区におけるワイン生産者(シャトー)の格付けの一つである。
ワインの品質は勿論、葡萄の品種、栽培法、醸造法、瓶詰めの条件やシャトーの知名度など、ワインとシャトー全般の審査により決定される。
元々は1855年、パリ万国博覧会でのボルドーワインの展示にあたり、ナポレオン3世がボルドーワインの格付けを行った際、それに含まれなかったメドック地区の有力なシャトー達が自らをクリュ・ブルジョワ」と名乗り、1932年に独自の格付けを実施したことが始まりとされている。
その後、クリュ・ブルジョワ組合を創設、品評会を開催するなど、その地位を確立し、2003年6月の世界ワイン博覧会において、フランス政府が認める公式な格付けとして認定された。
当時、クリュ・ブルジョワとして承認されたのは247のシャトー、それが3段階によって格付けされた。
しかし、その格付けには反対意見や批判も多く、結果に不満をもったシャトーのオーナー達によって訴訟が起こされ、2007年には一旦無効となったが、2009年に再び格付けとして導入されている。
DSCF8621.jpg
「シャトー・ヴュー・ロバン(Château Vieux Robin)」はクリュ・ブルジョワ(Crus Bourgeois)とあるが、厳密にはクリュ・ブルジョワ・シュペリュール(Crus Bourgeois Superieurs)である。
詳細はこちらのページに記載されている。

お会計は2人で17000円。
おおきに、ご馳走様~♡



 桜咲くころ
住所兵庫県西宮市甲風園1-7-10 1F
  阪急神戸線・阪急今津線西宮北口駅より徒歩2分
  西宮北口駅から179m
電話番号
予約
0798-66-4966
営業時間17:00~23:30(L.O.)
定休日無休
ホームページhttp://www.top-win.net/


1回目

2回目

関連記事
スポンサーサイト


  1. 2016/06/21(火) 01:13:39|
  2. 西宮北口|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「餃子の店 もも」  2015年6月中旬 | ホーム | 「LE BENATON(ル・ベナトン)」  2015年3月中旬

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohanatabearuki.blog.fc2.com/tb.php/171-5d7d58bb

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。