お花さんの食べアル記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「餃子の店 もも」  2015年6月中旬

DSCF8870.jpg
昭和町へはなかなか行く機会も無いが、久し振りに大好きな餃子専門店、「餃子の店 もも」へやって来た。
まずはこちらの「極生ビール」500円、「琥珀ヱビス」を頂く。

DSCF8871.jpg

DSCF8872.jpg
「焼餃子(1人前10個)」500円を2人前頂く。

DSCF8873.jpg
箸休めでサービスで出して頂いた野菜スティックである。

DSCF8874.jpg
こちらは「れいこチャン」400円。
糸こんにゃくのたらこ和えである。
何故「れいこチャン」なのかと訊くと、お客様にれいこちゃんという方がいらっしゃり、これが大好物でサービスで提供していたら定番メニューになったということである。

DSCF8875.jpg
次はドイツのビールを頂く。
「フュルスト・ヴァラーシュタイン ヘーフェ・ヴァイツェン」800円。

DSCF8876.jpg
次は黒ビールにしてみる。
「ケストリッツァー・シュヴァルツビア」。

DSCF8877.jpg
「焼餃子(1人前10個)」500円を2人前を再び注文する。

DSCF8878.jpg
「変なやっこ」400円。
こちらは、実は豆腐ではない。
クリームチーズであった。
大将曰く、そもそも奴(やっこ)というのは食材を四角く切ったもので、食材を大きく四角に切ることを奴に切ることに由来しているらしい。
生姜醤油で頂いた。

DSCF8879.jpg
「焼餃子(1人前10個)」500円を2人前を再び注文する。

DSCF8880.jpg
「Jenard Cabernet Sauvignon(2012)(ジュナール カベルネ・ソーヴィニヨン(2012))」。
DSCF8881.jpg

DSCF8882.jpg

DSCF8883.jpg

DSCF8884.jpg

DSCF8885.jpg
「サラダ豆もやし」300円も頂く。

DSCF8886.jpg
箸休めでサービスで出して頂いたセロリの漬物である。

DSCF8887.jpg
最後に「Steinmann Silvaner Trocken(2010)(シュタインマン シルヴァーナ トロッケン(2010))」を頂き、「焼餃子(1人前10個)」500円を5人前、お持ち帰り用にお願いする。

お会計は2人で10000円。
おおきに、ご馳走様~♡



 餃子の店 もも
住所大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-46-8 コーポ田嶋1F
  大阪市営地下鉄御堂筋線昭和町駅より徒歩3分
  昭和町駅から110m
電話番号
予約
06-6622-8063
営業時間17:00~23:00
定休日水曜日


1回目



スポンサーサイト
  1. 2016/06/28(火) 16:02:18|
  2. 昭和町|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「桜咲くころ」  2015年5月下旬

DSCF8616.jpg
この日は阪急西宮北口駅前の焼き鳥屋、桜咲くころをすっかりワインバー使いしてしまった。
「ウォッシュ(仏)チーズ」400円と「青カビ(伊)チーズ」400円。
そして「Château Pomeys Moulis en Médoc(2010)(シャトー・ポメイ ムーリ・ザン・メドック(2010))」。
DSCF8617.jpg

DSCF8618.jpg

DSCF8619.jpg
2本目は「Château Vieux Robin Médoc Cru Bourgeois(1997)(シャトー・ヴュー・ロバン メドック クリュ・ブルジョワ(1997))」。
DSCF8620.jpg
クリュ・ブルジョワ(Cru Bourgeois)とは、フランス、ボルドー地方のメドック地区におけるワイン生産者(シャトー)の格付けの一つである。
ワインの品質は勿論、葡萄の品種、栽培法、醸造法、瓶詰めの条件やシャトーの知名度など、ワインとシャトー全般の審査により決定される。
元々は1855年、パリ万国博覧会でのボルドーワインの展示にあたり、ナポレオン3世がボルドーワインの格付けを行った際、それに含まれなかったメドック地区の有力なシャトー達が自らをクリュ・ブルジョワ」と名乗り、1932年に独自の格付けを実施したことが始まりとされている。
その後、クリュ・ブルジョワ組合を創設、品評会を開催するなど、その地位を確立し、2003年6月の世界ワイン博覧会において、フランス政府が認める公式な格付けとして認定された。
当時、クリュ・ブルジョワとして承認されたのは247のシャトー、それが3段階によって格付けされた。
しかし、その格付けには反対意見や批判も多く、結果に不満をもったシャトーのオーナー達によって訴訟が起こされ、2007年には一旦無効となったが、2009年に再び格付けとして導入されている。
DSCF8621.jpg
「シャトー・ヴュー・ロバン(Château Vieux Robin)」はクリュ・ブルジョワ(Crus Bourgeois)とあるが、厳密にはクリュ・ブルジョワ・シュペリュール(Crus Bourgeois Superieurs)である。
詳細はこちらのページに記載されている。

お会計は2人で17000円。
おおきに、ご馳走様~♡



 桜咲くころ
住所兵庫県西宮市甲風園1-7-10 1F
  阪急神戸線・阪急今津線西宮北口駅より徒歩2分
  西宮北口駅から179m
電話番号
予約
0798-66-4966
営業時間17:00~23:30(L.O.)
定休日無休
ホームページhttp://www.top-win.net/


1回目

2回目



  1. 2016/06/21(火) 01:13:39|
  2. 西宮北口|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「LE BENATON(ル・ベナトン)」  2015年3月中旬

DSCF7778.jpg
TOPWIN=おでんでんのマスター、泉高弘氏主催の定例「LE BENATON(ル・ベナトン)」ランチ会に参加した。
この定例ランチ会は毎月開催されている。

DSCF7779.jpg

DSCF7780.jpg
まずはアミューズ。
蛍烏賊のオイル漬けであった。
DSCF7781.jpg

DSCF7782.jpg

DSCF7783.jpg

DSCF7784.jpg

DSCF7785.jpg

DSCF7786.jpg

DSCF7787.jpg
こちらがメインの猪肉の背肉ローストである。

DSCF7789.jpg

DSCF7790.jpg
この日頂いたワインは5本。
DSCF7791.jpg
「Château Reynon Blanc Sauvignon Blanc Denis Dubourdieu(2010)(シャトー・レイノン ブラン ソーヴィニヨン・ブラン ドゥニ・デュブルデュー(2010))」。
ドゥニ・デュブルデュー氏はボルドーで5つのシャトーを所有するオーナーであり、ボルドー大醸造学部教授で、ワインコンサルタントとしても活躍する人物である。
その彼が開発した、白ワイン用品種の風味を最大限に引き出す手法、マセラシオン・ペリキュレール(果皮浸漬といって、果実を破砕した後、果皮を取り除かず、果汁に漬け込んだまま低温で長く置き、香りの成分を余すところなく抽出し果実味を最大限に引き出す方法のこと)を用いられているとのことである。
「シャトー・レイノン(Château Reynon)」は1958年にドゥニ氏の妻、フローレンス氏の父が購入し、1976年からデュブルデュー夫妻が引き継ぎ、現在ではプルミエ・コート・ド・ボルドーで最も有名なシャトーの1つとして知られている。
DSCF7792.jpg

DSCF7793.jpg
「Chablis Chanson Père et Fils(2012)(シャブリ シャンソン・ペール・エ・フィス(2012))」。
DSCF7794.jpg

DSCF7795.jpg
「Viré-Clessé Chanson Père et Fils(2011)(ヴィレ・クレッセ シャンソン・ペール・エ・フィス(2011))」。
DSCF7796.jpg

DSCF7797.jpg
「Bourgogne Pinot Noir Dessous lles Mues(2010)(ブルゴーニュ ピノ・ノワール デス・レ・ムエ(2010))」。
DSCF7798.jpg

DSCF7799.jpg
「Louis Jadot Beaujolais- Villages “Combe aux Jacques”(2012)(ルイ・ジャド ボージョレ・ヴィラージュ “コンボー・ジャック”(2012))」。
DSCF7800.jpg

DSCF7801.jpg

DSCF7802.jpg

お会計は、今回は1人当たりの会費が6280円(お食事のみの場合は3780円)。
おおきに、ご馳走様~♡



 LE BENATON(ル・ベナトン)
住所兵庫県西宮市寿町4-12
  阪急神戸線夙川駅より徒歩3分
  JR神戸線さくら夙川駅より徒歩4分
  夙川駅から223m
電話番号
予約
0798-37-2655
営業時間11:45~14:00(L.O.) / 18:00~21:00(L.O.)
定休日水曜日と月に他2日
ホームページhttp://benaton.net/


1回目



  1. 2016/06/08(水) 00:04:56|
  2. 夙川|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「ソフトクリームランド スウェーデン 阪急三番街店」  2016年6月初旬

6月1日(水)、毎日放送のおとな会 ~オトナ度ちょい増しTV~という深夜番組をたまたま観ていた。
この日は「大阪が誇る企業スペシャル」という特集で、段ボールのレンゴー株式会社、そしてソフトクリームの日世株式会社が取り上げられていた。
その番組で、7月3日はソフトクリームの日で、ソフトクリームランド スウェーデン 阪急三番街店では、毎月3日に「ソフトクリームランド」という豪華なパフェが通常価格の半額となるイベントが開催されていることを知った。
1月3日と7月3日は半額キャンペーンをされていないらしい。
それならば、と早速家人と行ってみた。

DSCF1678_201606041353065b4.jpg
我々が到着したのは20時過ぎであったが、長蛇の列が出来ていた。

DSCF1679_20160604135300ebe.jpg

DSCF1681_20160604135301b06.jpg
どうやら皆の目的も「ソフトクリームランド」3000円らしい。

DSCF1682_20160604135303d65.jpg

DSCF1683_2016060413530410d.jpg
待つこと1時間、入り口近くのテーブル席に案内されたが、更に座ってからおよそ15分程で出てきた。
こちらが「ソフトクリームランド」3000円である。
レギュラーソフト「生乳」360円を中心に、レギュラーソフト「厳選いちご」360円、レギュラーソフト「特撰抹茶」360円、レギュラーソフト「ミルクレショコラ」360円、レギュラーソフト「モカ」360円の5種類、そしてワッフル、バナナ、ラズベリー、みかん、黄桃、苺、生クリーム等でデコレートされている。
底には大量のコーンフレーク、フルーツが敷き詰められている。
DSCF1685_20160604135317ab3.jpg

DSCF1686_20160604135311e49.jpg

DSCF1687_2016060413531303d.jpg

DSCF1689_20160604135314bf8.jpg
待ち時間約90分に対し、「ソフトクームランド」を約5分で完食してしまった。

お会計は2人で1500円。
おおきに、ご馳走様~♡



 ソフトクリームランド スウェーデン 阪急三番街店
住所大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街B2F
  阪急神戸線・阪急宝塚線・阪急京都線梅田駅より徒歩2分
  梅田駅(阪急)から129m
電話番号
予約
06-6372-8764
営業時間11:00~22:00(L.O.21:45)
定休日不定休(※阪急三番街に準ずる。原則無休)
ホームページhttp://www.nissei-com.co.jp/sweden/




  1. 2016/06/05(日) 18:45:56|
  2. 梅田|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「TOPWIN=おでんでん」  2015年12月初旬

DSCF0990_20160604141907002.jpg
この日は兵庫県立芸術文化センター 小ホールにてピアニスト青井彰さんのリサイタルがあり、その帰りに「TOPWIN=おでんでん」に寄った。
おでんやらピザやら色々頂いたが、この日はちょっと良いワインが飲みたくなった。
DSCF0991.jpg
「Marquis de Calon Saint-Estephe(2011)(マルキ・ド・カロン サンテステフ・メドック(2011))」。
「シャトー・ラフィット・ロートシルト(Château Lafite-Rothschild)」や「シャトー・ラトゥール(Château Latour)」を設立した、ニコラ・ アレクサンドル・ド・セギュール侯爵が一番愛した、ハートマークのラベルで有名な「シャトー・カロン・セギュール(Château Calon-Ségur)」が少量仕立てるセカンドラベルらしい。
ちなみに、セギュール侯爵は「我、シャトー・ラフィットとシャトー・ラトゥールを 造りしが、我が心はカロンにあり」という名言を残している。
DSCF0992_201606041419050fe.jpg
2011年のヴィンテージのそれは、カベルネ・ソーヴィニヨン53%、メルロー38%、カベルネ・フラン7%、プティ・ヴェルド2%とのことである。
ブラックチェリーの香り、そして口に含むと、果実の凝縮味に溢れた素晴らしいワインであった。

お会計は2人で10980円。
おおきに、ご馳走様~♡



 TOPWIN=おでんでん
住所兵庫県西宮市甲風園1-7-10 2F
  阪急神戸線・阪急今津線西宮北口駅より徒歩3分
  西宮北口駅から180m
電話番号
予約
0798-63-7826
営業時間18:00~2:00
定休日不定休
ホームページhttp://www.top-win.net/


1回目

2回目

3回目

4回目

5回目

6回目

7回目

8回目

9回目

10回目



  1. 2016/06/05(日) 00:59:18|
  2. 西宮北口|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「貮拾四番館」  2016年5月中旬

DSCF1517.jpg
創業は1976年という、老舗のステーキハウス「貮拾四番館」に連れて行って頂いた。
木と煉瓦、そしてドアの窓枠や窓等はステンドグラスを組み合わせた、レトロな雰囲気が漂うインテリアである。
さて、こちらは「オードブル盛り合わせ」である。
「生ハム」1000円と「スモークサーモン」1000円、「スモークタン」1000円の3種類にレタス、玉葱などの野菜が付け合わせられていた。

DSCF1519.jpg
私のオードブルは「生ハム」1500円にして頂いた。

DSCF1518.jpg
「ジンジャエール」300円。

DSCF1521.jpg
赤ワインをボトルで。
「セリエデマレノン グランマレノン」4700円。
DSCF1522.jpg
「Cellier de Marrenon Luberon Grand Marrenon Rouge(2012)(セリエ・ド・マレノン リュベロン グラン・マレノン ルージュ(2012))」。
品種はシラー、グルナッシュ。
リュベロン独特の小石の多い粘土と石灰質土壌の緩やかな斜面で、樹齢30年以上の葡萄から造られるとのことである。
DSCF1523.jpg

今回は5人での食事会だったのであるが、「シーフードと特選サーロイン ミックスディナー(150g)」9600円を3人前、「シーフードとテンダーロイン ミックスディナー(150g)」12000円を2人前のディナーコースをシェアさせて頂けるようお願いした。
ディナーコースはオードブル、シェフスープ、温野菜、サラダ、ご飯、デザートのセットメニューである。

DSCF1524.jpg

DSCF1525.jpg

DSCF1526.jpg

DSCF1528.jpg

DSCF1529.jpg

DSCF1530.jpg

DSCF1532.jpg

DSCF1533.jpg

DSCF1534.jpg

DSCF1535.jpg
こちらは「特選サーロイン」である。

DSCF1536.jpg

DSCF1537.jpg

DSCF1538.jpg
こちらは「テンダーロイン」である。
テンダーロインとは、牛肉のフィレ肉のことらしい。

DSCF1539.jpg

DSCF1540.jpg
再び「特選サーロイン」をおかわりした。

DSCF1541.jpg

DSCF1542.jpg

DSCF1543.jpg

DSCF1544.jpg

DSCF1545.jpg

DSCF1546.jpg
プラス500円でご飯を「ガーリックライス」に変更して頂ける。
DSCF1547.jpg

DSCF1548.jpg
最後のデザートを頂く。
「マンゴーシャーベット」と「カシスシャーベット」。

お会計は5人で75276円。
おおきに、ご馳走様~♡



 貮拾四番館
住所大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB2F
  JR東西線北新地より徒歩3分
  JR大阪環状線大阪駅より徒歩7分
  北新地駅から162m
電話番号
予約
06-6346-5524
営業時間11:00~14:30(L.O.14:00) / 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日日曜日、祝日
ホームページhttp://nijyuyonbankan.com/








  1. 2016/06/03(金) 02:03:02|
  2. 北新地|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。