お花さんの食べアル記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「亜茶羅」  2014年12月下旬

友人に、彼女が10年以上通っている中津にあるフレンチ、「亜茶羅」に連れて行って頂いた。
御堂筋線中津駅の2番出口から徒歩1分の、奥まった路地の一角にある雑居ビルの二階にあるお店であった。

ホテルプラザ」で修行の後、フランスを始め、各地で修行を重ねたオーナーシェフの門さんが腕を振るって下さる。
まずは乾杯の生ビールを頂く。
そして、おつきだしのフランをお出し頂いた。
フランというのは、プリンのようなもので、丸い型に牛乳や卵をベースにしたものと野菜等を入れて蒸し上げたお料理のことらしい。
洋風の茶碗蒸しといった感じで、やさしい味であった。

DSCF6613.jpg
生ビールをすっと飲んでしまったので、白ワインをボトルでお願いする。
「Louis Jadot Bourgogne Chardonnay(2012)(ルイ・ジャド ブルゴーニュ シャルドネ(2012))」。
DSCF6614.jpg

DSCF6615.jpg

次に前菜盛り合わせが登場した。
手前左から時計回りに、蛸の大葉ソースかけ、サーモン、そしてバラフ、またの名をアイスプラントと呼ばれる南アフリカ原産の不思議な植物、紅芯大根と海老、キャロル7(セブン)という種類のフルーツトマト、和牛のテリーヌ、自家製ハムにローストビーフ、フォアグラ、アーティチョーク...。
どれもこれも逸品であった。

DSCF6611.jpg
次は「Jean Garaudet Pommard Noixons(2006)(ジャン・ガローデ ポマール ノワゾン(2006))」。
勿論ボトルでである。
DSCF6612.jpg

お料理の方は、鮑とアスパラガスとジュンサイのホワイトソース、もう1種の鮑を使ったお料理で鮑と野菜たっぷりのガーリックバジルソテーをお出し頂いた。
ソースも美味しく、バゲットも幾つか頂く。

DSCF6608.jpg
3本目のワインは「Chateau de Coulaine Chinon Clos de Turpenay(2011)(シャトー・ド・クーレーヌ シノン クロ・ド・テュルプネイ(2011))」。
ロワールの赤ワインは飲んだのは初めてかもしれない。
DSCF6609.jpg

DSCF6610.jpg

同伴者が白身魚をご所望で、のどぐろのソテーと野菜添えが登場した。
そして、友人一押しのガーリックトーストも注文する。
分厚く切られたフランスパンに、見た目も美しいパセリとガーリックバターがふんだんに塗られていて、味覚は勿論、視覚からも嗅覚からも逸品であった。

最後にサービスでデセールを、クッキーとキャラメルをお出し頂いた。

DSCF6589.jpg

お会計は、実はご馳走して頂いたので不明。
おおきに、ご馳走様~♡



 亜茶羅
住所大阪府大阪市北区中津1-13-5 ハピネス21-2F
  大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅より徒歩1分
  中津駅(大阪市営)から94m
電話番号
予約
06-6374-2120
営業時間11:30~14:00(月~金) / 17:30~23:00
定休日日曜・祝日




スポンサーサイト
  1. 2014/12/30(火) 16:36:25|
  2. 中津|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。