お花さんの食べアル記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「貮拾四番館」  2016年5月中旬

DSCF1517.jpg
創業は1976年という、老舗のステーキハウス「貮拾四番館」に連れて行って頂いた。
木と煉瓦、そしてドアの窓枠や窓等はステンドグラスを組み合わせた、レトロな雰囲気が漂うインテリアである。
さて、こちらは「オードブル盛り合わせ」である。
「生ハム」1000円と「スモークサーモン」1000円、「スモークタン」1000円の3種類にレタス、玉葱などの野菜が付け合わせられていた。

DSCF1519.jpg
私のオードブルは「生ハム」1500円にして頂いた。

DSCF1518.jpg
「ジンジャエール」300円。

DSCF1521.jpg
赤ワインをボトルで。
「セリエデマレノン グランマレノン」4700円。
DSCF1522.jpg
「Cellier de Marrenon Luberon Grand Marrenon Rouge(2012)(セリエ・ド・マレノン リュベロン グラン・マレノン ルージュ(2012))」。
品種はシラー、グルナッシュ。
リュベロン独特の小石の多い粘土と石灰質土壌の緩やかな斜面で、樹齢30年以上の葡萄から造られるとのことである。
DSCF1523.jpg

今回は5人での食事会だったのであるが、「シーフードと特選サーロイン ミックスディナー(150g)」9600円を3人前、「シーフードとテンダーロイン ミックスディナー(150g)」12000円を2人前のディナーコースをシェアさせて頂けるようお願いした。
ディナーコースはオードブル、シェフスープ、温野菜、サラダ、ご飯、デザートのセットメニューである。

DSCF1524.jpg

DSCF1525.jpg

DSCF1526.jpg

DSCF1528.jpg

DSCF1529.jpg

DSCF1530.jpg

DSCF1532.jpg

DSCF1533.jpg

DSCF1534.jpg

DSCF1535.jpg
こちらは「特選サーロイン」である。

DSCF1536.jpg

DSCF1537.jpg

DSCF1538.jpg
こちらは「テンダーロイン」である。
テンダーロインとは、牛肉のフィレ肉のことらしい。

DSCF1539.jpg

DSCF1540.jpg
再び「特選サーロイン」をおかわりした。

DSCF1541.jpg

DSCF1542.jpg

DSCF1543.jpg

DSCF1544.jpg

DSCF1545.jpg

DSCF1546.jpg
プラス500円でご飯を「ガーリックライス」に変更して頂ける。
DSCF1547.jpg

DSCF1548.jpg
最後のデザートを頂く。
「マンゴーシャーベット」と「カシスシャーベット」。

お会計は5人で75276円。
おおきに、ご馳走様~♡



 貮拾四番館
住所大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB2F
  JR東西線北新地より徒歩3分
  JR大阪環状線大阪駅より徒歩7分
  北新地駅から162m
電話番号
予約
06-6346-5524
営業時間11:00~14:30(L.O.14:00) / 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日日曜日、祝日
ホームページhttp://nijyuyonbankan.com/








スポンサーサイト
  1. 2016/06/03(金) 02:03:02|
  2. 北新地|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「下桂茶屋 月波」  2013年9月下旬

大阪出身、東京在住の知人が出張で来阪し、「下桂茶屋 月波」へ連れて行って頂くことになった。

先ずは「生ビール(ヱビス)」を注文すると、八寸をお出し下さった。
盛り付けが非常に芸術で美しく(写真撮影をしなかったのが残念である)、どこから食べれば良いのか、又、食べるのが勿体無いような気がしつつ…。
イガ栗が中央に飾ってあり、食べ易いように大将が皮も剥いて下さった。
サザエ、枝豆、そして不思議だったのが赤い透き通ったゼリーのように見えたもの。
こちらは大将にお訊きすると、卵黄の酢漬けとのことであった。
そういった卵黄が赤い種類の卵があるらしい。
プニっとしていて、言われてみれば卵と判るといった感じであったが、実に美味しかった。
あと、むかごを赤いもろみ味噌で和えたものもさっぱりして美味しかった。

次に、伊勢海老が丸ごと1尾登場した。
お刺身で、山葵は勿論本山葵で、甘かった。
お塩と緑色のレモンで頂いた。

その次はお刺身盛り合わせ。
本まぐろ、いか、鯛、カレイなど。
全て天然で、実に美味しく頂いた。

それから鮑のお刺身。
口に運ぶと、ほのかに昆布の香りがした。
わたまで美味しく頂く。
こちらは酢橘で。

お酒の方は「生グレープフルーツ 焼酎ソーダ割り」や「生レモン 焼酎ソーダ割り」を頂いていたが、七輪焼きが登場した。
松茸、万願寺唐辛子、アスパラガスをどっさり盛り沢山である。

合間に天然のすっぽんのお吸い物をお出し頂いた。
菊だろうか、黄色い花びらに芽葱も入っていた。

次に、牛肉(恐らく佐賀牛だと思う)と大きな舞茸、えのきだけ、葱などの朴葉焼き。
これもまたてんこ盛りである。
お酒は「焼酎 ソーダ割り」や「ハイボール(山崎)」等を頂いていた。

お腹に余裕があれば、まだまだコースが続くようだったが、既にお腹がはちきれそうだったので、この辺りでストップして頂いた。

すると、栗と小さなしじみの炊き込みご飯をお出し頂いた。
上からいくらがどっさりのっている。
このいくらがまた美味であった。

最後に果物である。
夕張メロン、皮ごと頂けるマスカット、そして梨。
ほうじ茶と共にほっこり頂いた。

お酒を飲む間に、次々と矢継ぎ早にお料理が出てくるので、食べるのに夢中になってしまい、今回は酒量が少なかった。

これだけのポーションとクオリティーで、コストパフォーマンスが非常に高いなぁと話しながら二人でお店を後にした。
とは言っても、予算的にさすがに普段使いは出来ないが。
ひっきりなしにお客様がいらしていた。
予約が無いと入れないお店だと思う。

お会計は、実はご馳走して頂いたので不明。
おおきに、ご馳走様~♡



 下桂茶屋 月波
住所大阪府大阪市北区堂島1-4-25 和光ビル1F
  JR東西線北新地より徒歩5分
  京阪中之島線大江橋駅より徒歩4分
  大江橋駅から274m
電話番号
予約
050-5570-2450 (予約専用番号)
06-6346-4234 (お問い合わせ専用番号)
営業時間18:00~ 23:00
定休日日曜・祝日(予約があれば、日・祝も営業)
ホームページhttp://www.geppa.net/







  1. 2014/11/06(木) 10:48:34|
  2. 北新地|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。