お花さんの食べアル記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「Bar トレイシー」  2014年9月中旬

難波の裏側に位置するディープスポット、通称「裏なんば」と呼ばれている飲食店街を散策していたところ、「Bar トレイシー」の看板、そしてファサードが気になり入店してみた。
チャージは500円とのことである。

同行者は「スプモーニ」を、私はこの日はお酒が飲めない日だった為、ノンアルコールで何かカクテルを作って頂く。
見た目がとても美しい、グレナデン・シロップ入りのノンアルコールのカクテルを作って下さった。

我々が入店した時は、お客は我々2人だけだったので、マスターと色々お話が出来た。
屋号の由来を訊くと、アメリカ合衆国のポルノ女優、映画プロデューサー、映画監督、作家、歌手であるトレイシー・ローズだそうである。
店内はカウンター席、そしてテーブル席もあり、カラオケも設置されている。

次は「グレープフルーツジュース」を注文する。
マスターが冷蔵庫からグレープフルーツジュースを取り出し、搾って下さる。
同行者は何やらウイスキーを飲んでいたが、マスターにも1杯ご馳走していた。

最後に再びノンアルコールで、先程とはまた違うカクテルを作って頂く。
美味しかった。

お会計は2人で4900円。
おおきに、ご馳走様~♡



 Bar トレイシー
住所大阪府大阪市中央区難波千日前3-3
  近鉄奈良線・大阪市営地下鉄堺筋線・大阪市営地下鉄千日前線日本橋駅より徒歩3分
  近鉄日本橋駅から248m
電話番号
予約
06-6643-7775
営業時間17:00~5:00
定休日不定休




スポンサーサイト
  1. 2014/09/14(日) 14:47:59|
  2. 日本橋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「どぅれ村」  2014年5月中旬

DSCF3797.jpg
友人にお誘い頂き、韓国料理の「どぅれ村」へ。
私は1時間近く遅れて行ったので、友人の名前を告げると2階の座敷へ案内して頂いた。
お料理は「ジャプチェ」から。
友人達は麦焼酎「神の河」をボトルで開けていたので、私もそれを頂くことにした。

DSCF3798.jpg
こちらは「焼肉」である。
部位は「ミノ」1000円、「ロース」2000円、「テッチャン」1000円だったと思うのだが、1階で焼いて持って来て頂いた。
麦焼酎「神の河」のボトルも2本目を注文した。

DSCF3800.jpg
こちらは「玉子チム」である。
茶碗蒸しのような味わいであった。
DSCF3802.jpg

DSCF3801.jpg
最後に「海鮮チヂミ」を注文した。

お会計は4人で23600円。
おおきに、ご馳走様~♡



 どぅれ村
住所大阪府大阪市中央区東心斎橋2-3-20 日宝メトロセンター1F
  大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅から徒歩15分
  近鉄奈良線・大阪市営地下鉄堺筋線・大阪市営地下鉄千日前線日本橋駅より徒歩6分
  日本橋駅から435m
電話番号
予約
06-6211-6701
営業時間17:00~2:00
定休日日曜





  1. 2014/08/26(火) 12:26:50|
  2. 日本橋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

「あばらや」  2013年10月中旬

DSCF1470.jpg
この屋号はどういう意味なのだろう。
やはり荒ら屋、荒れ果てた家とか東屋という意なのだろうか。
あばらや」は昭和30年創業で、初代の大将は今も現役でいらっしゃる。
店内はまさに昭和の香りが立ち込めている。

DSCF1471.jpg
今回は6人での会食だった為、2階のお座敷へ。
コース料理でお願いしてある。
「お刺身盛り合わせ」は、殆どが養殖で残念だった。

DSCF1472.jpg
おつきだしの「いかの明太子和え」、「うざく」、「鰻肝」の3種は、私はいずれも食べられなかった。

さて、「土瓶蒸し」。 DSCF1473.jpg

DSCF1475.jpg

DSCF1476.jpg
こちらは「鯛のあら炊き」。
味は濃い目で、お酒が進んでしまう。

DSCF1477.jpg
「カンパチの粕漬け」のあたりにくると、かなり満腹感が。
しかしお酒は依然として進む。

DSCF1478.jpg
「天麩羅盛り合わせ」はかに、海老、茄子、しし唐。

DSCF1479.jpg
こちらの「さば寿司」は、見た目が実に美しい。
酢飯の上に、大葉、鯖、木の芽、昆布という布陣。
白板昆布の下から透けて見える木の芽の緑も、目に鮮やかである。
鯖の〆具合は弱め。
実はこの鯖は酢ではなく、しっかりと塩で4時間漬け込んでいる為生臭くないとのことである。
酢飯の間には鯛のそぼろも入っていて、面白い。
DSCF1482.jpg
電話予約をしておけば、「さば寿司」2300円のみの購入も可能のようである。

DSCF1480.jpg
こちらは「茶碗蒸し」。
DSCF1481.jpg

DSCF1483.jpg
最後の「デザート」は柿とりんご。

お会計は6人で30000円。
おおきに、ご馳走様~♡



 あばらや
住所大阪府大阪市中央区難波千日前2-14
  近鉄奈良線・大阪市営地下鉄堺筋線・大阪市営地下鉄千日前線日本橋駅より徒歩4分
  日本橋駅から261m
電話番号
予約
06-6631-0223
営業時間16:00~23:00
定休日日曜・祝日






  1. 2014/06/21(土) 14:00:48|
  2. 日本橋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。